ActiveNatureLife

シニア予備軍世代のアウトドア系趣味のスタートアップ支援サイト

④ソロキャンプ計画実行。ソロキャンプが初めてのお父さん向け、4つのポイント解説

菖蒲ヶ浜キャンプ場

モリゾーです。定年を数年後にひかえたシニア予備軍です。

子供のころからアウトドアが好きで、日ごろから釣り、キャンプ、登山、マラソンなどを趣味として楽しんでいます。

ソロキャンプ実行に向けていろいろ考えている方々に、

  • ソロキャンプのおもしろさの再確認
  • ソロキャンプ実行に向けた準備、計画、始め方

を伝えていく記事の④計画実行編です。

 

www.activenaturelife.com

www.activenaturelife.com

www.activenaturelife.com

ひとりでキャンプやってると周りから友達いないのかなとか、ひとりでおもしろいのとか思われそうで気が引ける

  • 最近ではソロキャンパーも多いので意外と気にならない
  • とは言っても、高規格なファミリー向けキャンプ場は周りをファミリーに囲まれる可能性があるのでなるべく避けた方が良い
最近ではソロキャンパーも多いので意外と気にならない

イメージ画像

最近は「おひとり様」ブーム?ということもあり、キャンプ場でもソロキャンパーを見かけることが多くなったように思います。

そんな状況なので一人でキャンプしていることに対して周りの目はまったく気にならないですね。

と言いたいところですが、やっぱり少しだけ気になるので私の場合はタープを張って周りからの視線が気にならないように工夫してます。

逆に私の場合ソロキャンプでもファミキャンができそうなくらいに道具が多く重装備なので「あの人ソロキャンプなのにあんなに荷物持ってきてるよ」って他のソロキャンパー達に思われていそうで気になってます。(笑)

とは言っても、高規格なファミリー向けキャンプ場は周りをファミリーに囲まれる可能性があるのでなるべく避けた方が良い

イメージ画像

それでもキャンプ場の選択や行くシーズンを間違えると、周りがファミリーだらけなんてことになりかねないので、気を付けた方が良いですね。

ソロで行くときは、駐車場からテントサイトまで少し距離がある不便そうなキャンプ場を選ぶとか、ファミリーが多そうなハイシーズンの時期は外すとかしたほうが良いと思います。

やっぱり焚き火の炎を見ながらひとりでお酒をチビチビやるのにあこがれますよね

イメージ画像

  • それぞれの焚き火スタイル
  • 自分の焚き火スタイルはこんな感じ
  • あこがれの焚き火スタイルに近づけていきたい
それぞれの焚き火スタイル

やっぱりキャンプの主役といったら焚き火ですよね。

火のつけ方ひとつでさえ相当なこだわりを持っていらっしゃるソロキャンパーの方は多いんじゃないでしょうか。

ベテランのソロキャンパーの皆さんは自分の焚き火スタイルというものを確立されている方も多いかと思います。

自分の焚き火スタイルはこんな感じ

焚火というよりも炭火焼きという感じ

私は、ソロキャンプの夕食でスーパーで買ってきた焼き鳥や牛串を炭火で焼いて食べることが多いです。

そのため焚き火のスタイルは、焚き火というよりはどちらかというと炭火でBBQという感じです。

でも実をいうと太い薪を鉈でじょうずに割って火にくべるといった、鉈を使いこなせるソロキャンパーにすごくあこがれています。

あこがれの焚き火スタイルに近づけていきたい

今はまだ鉈を持っていませんが、いずれは鉈を購入し薪割りをマスターして焚き火を極めたいです。

普段料理はまったくやらないしあまり得意じゃない。ソロキャンプでは何を作って食べればいいの?

イメージ画像

  • 正直言って料理は苦手。どうせひとりなんだから気取らずにインスタントでいいんじゃない
正直言って料理は苦手。どうせひとりなんだから気取らずにインスタントでいいんじゃない

レトルトカレーもありですよね

朝はホットサンドでお手軽に

アボカドとトマトとチーズのホットサンド。結構おいしそうでしょ

本屋に行くとワンバーナークッキング的なソロ向けの料理本かたくさん売られています。

ソロキャンプで手早くこういった料理を作れるのってカッコよくて憧れますよね。

私もソロキャンプを始めた頃は、その手の本を1冊購入してワンバーナー料理を試してみました。

でも正直なところ料理は苦手でめんどくさいだけなんですよね。

最近では気取らずにレトルトカレーとか手間のかからないものを食べています。

コンビニでもレトルトで美味しい食材が色々売られていますしね。

朝食はいつもホットサンドを作って食べています。

パンに具を挟んでホットサンドメーカーで焼くだけでいいのでお手軽です。

料理が苦手な人は、気取らなくてもいいんじゃないでしょうか。

ソロキャンプは自分ひとりなんですから、自分の好きなようにすればいいんです。

ひとりだと自分の身は自分で守るしかないのでちょっと不安。ソロキャンプではどんな危険があるか事前に調べておかないと

イメージ画像

  • キャンプ場でクマを目撃。めったにあることじゃないと思うけどそういうこともあるので要注意
  • やっぱり、雨、風かな。天気予報で天気悪そうなら延期が望ましい。雨風の中でのキャンプはもはや苦行でしかないので
  • 始めてソロキャンプに行ったとき、夜中に動物に残飯を荒らされた
  • 何があるかわからないので、ファーストエイドキットはちゃんと準備しておくべし
キャンプ場でクマを目撃。めったにあることじゃないと思うけどそういうこともあるので要注意

キャンプ場のそばで実際に撮影した写真

某キャンプ場での体験です。

平日のためキャンプ場は空いていて、私のほかにはソロキャンパー1名しかいませんでした。

このキャンプ場は山に面していて、野生の猿や鹿をキャンプ場のすぐそばで見ることができます。

この日も人の気配が少なかったせいか鹿の群れがキャンプ場に隣接している森で餌を探しているのがテントサイトから見えたのです。

写真に収めておこうと思い、鹿の群れがいる森のそばまで近づきシャッターを押していると、なんだか鹿の群れの向こうに黒い物体が動いているのが目に入りました。

何が動いているんだろうと黒い物体をよ~く見たら、なんと熊じゃないですか!!

これにはビビりました。

その時撮影したのが上の写真です。

ストックフォトではないです。

すぐに戻り、もうひとりのソロキャンパーにあそこに熊がいるよと伝えて、自分のサイトでは熊がこっちにこないように食材を全部車にしまったり、夜中テントの中でラジオのボリュームを大きくしたりで生きた心地がしませんでした。

やっぱり、雨、風かな。天気予報で天気悪そうなら延期が望ましい。雨風の中でのキャンプはもはや苦行でしかないので

雨の中での撤収は大変です。

キャンプ場での雨、風って怖いですよね。

特に強い風が吹いているとテントやタープが飛ばされそうで、夜中も気が気じゃなくて心配で眠れません。

あらかじめ天気予報で天候が荒れるという予想なら、無理せずに思い切って延期しましょう。

雨の中のキャンプほどつらいものはないですから。

特に撤収の時に雨に降られたら、もはや苦行レベルですよね。

テントや荷物もびしょぬれだし、なんでこんなことしてるんだろうって思わず考えちゃいます。

始めてソロキャンプに行ったとき、夜中に動物に残飯を荒らされた

平日のひとけのないキャンプ場では野生動物も見かけます。

平日のひとけのないキャンプ場では野生動物も見かけます。

始めてソロキャンプに行ったときのことです。

夜中にテントの外でゴソゴソと何かの気配がして目が覚めたんですね。

テントの中から外を覗いてみると、外に置いておいた残飯がめちゃくちゃに荒らされてました。

何かの小動物のしわざなんでしょうけど、テントから外をのぞいた時にはすでにその姿はありませんでした。

それ以来、夜寝るとき残飯は少なくともテントの前室に置くかテントの中に置くようにしています。

夜中にどんな動物が来るかわからないので、皆さんもごみの置き場には気を付けてください。

何があるかわからないので、ファーストエイドキットはちゃんと準備しておくべし

キャンプ、釣り、登山などアウトドアで行動するときは、何が起こるかわからないのでファーストエイドキットはちゃんと準備しておきましょう。

私がいつも携帯しているエマージェンシーバッグの中身を紹介します。

こちらの記事をご覧ください。
www.activenaturelife.com

最近冬のキャンプが流行っているみたいだけど、いつ頃行くのがいいんだろう

  • やっぱり春〜夏がおすすめ
  • 秋もいいけど、夜は思ったより寒くなることがあるので注意
  • 冬キャンプは、最近流行りだけどそれなりの装備が必要。ある程度慣れてからやるのが無難
やっぱり春〜夏がおすすめ

やっぱり夏がいいですよね。

キャンプに行くのならやっぱり春(5月)から夏(9月)にかけてがいいですよね。

でも夏になると蚊やアブといった虫が多くなるので、ベストシーズンは5月から6月上旬くらいでしょうか。

熱くもないし寒くもないし、比較的天気も良い日が多いし、初めてソロキャンプに行くのならこのくらいの時期がベストだと思います。

秋もいいけど、夜は思ったより寒くなることがあるので注意

秋もキャンプには適していますけど、10月後半から11月になると山間部では夜間冷え込みますのでそれなりの装備をきちんとしていった方が良いです。

冬キャンプは、最近流行りだけどそれなりの装備が必要。ある程度慣れてからやるのが無難

冬キャンプは慣れてからやりましょう。

最近は冬キャンプがやっているみたいですけど、基本的に自分は寒いのが苦手なので、冬キャンプはやりません。

それなりの装備も必要ですしね。

どうしても冬にもソロキャンプをやりたいという方は、ある程度経験を積んでからの方が良いと思います。

ソロキャンプの計画はバッチリできた。でもなかなか家族に言い出せず、最後の1歩が踏み出せない状況が続いている

  • お父さんひとりでずる~いと言われないように、ファミキャンはファミキャンで実施して家族を満足させるべし
  • 子供も大きくなって親離れしたのなら、家でゴロゴロしているよりよっぽどいいでしょ
  • 問題は奥さんの理解を得られるかですね。奥さんとの共通の趣味があればそれを優先すべし。でも適度な距離感は保つこと
  • アクティブシニアとして定年後の充実した生活を送るためにも趣味を持つことは良いことだと思うのだけど…
お父さんひとりでずる~いと言われないように、ファミキャンはファミキャンで実施して家族を満足させるべし

イメージ画像

どうですか?ソロキャンプの計画はバッチリできましたか?

あとは家族の了解をとるだけですね。

シニア予備軍の方々は、お子さんもすでに大きくなられて親離れ子離れしていて、お互いにいちいち干渉しないでしょうけど、まだお子さんが小さいご家庭はお父さんだけひとりでキャンプへ出かけようものなら、お父さんだけずる〜いと言われそうですね。

そうならないように、ファミキャンはファミキャンで実施してご家族を満足させるようにしましょう。

ちなみに私は毎年ファミキャンはGWと夏休みの2回は必ず行っておいて、それ以外にソロキャンプに数回行っています。

最近ソロキャンプをしていて思うのですが、家族でファミキャンや旅行に行って楽しむというバックグラウンドがあるからこそ、ひとりで行くソロキャンプが楽しんだなと思うようになりました。

1年中ひとりでは寂しいだけですもんね。

なので家族との時間は大切にしましょう。

子供も大きくなって親離れしたのなら、家でゴロゴロしているよりよっぽどいいでしょ

イメージ画像

イメージ画像

もっとも何も趣味がなくて休みの日に家でゴロゴロしていては、家族からじゃまもの扱いされるだけなので、それだったら趣味のソロキャンプに行ってくれた方が家族としてもいいんじゃないですかね。

問題は奥さんの理解を得られるかですね。奥さんとの共通の趣味があればそれを優先すべし。でも適度な距離感は保つこと

イメージ画像

子供は大きくなったら離れていくのでいいとして、問題は奥さんの理解を得られるかですよね。

もし奥さんと共通の趣味があるのなら、ソロキャンプよりもまずはそちらを優先すべきです。

そのうえで時間を見つけてひとりでソロキャンプに行くというのであれば、奥さんも納得るんじゃないでしょうか。

でも、大江英樹さんの「定年前 50歳から始める「定活」」という書籍の中では、以下のように書いてありました。

無理 に 同じ 趣味 など 持た なく ても いい
「夫婦 は 一心同体 だ から 同じ 趣味 を 持っ た 方 が 良い」 という 人 が い ます が、 それ は 少し 違う と 思い ます。 一緒 に 暮らし て いる から こそ、 相手 の 領域 に 無遠慮 に 踏み込ん で いく のは 避ける べき なの です。 もし 自分 が もともと 妻 と 同じ 趣味 を 持っ て いる ので あれ ば、 それ は とても 良い こと です。 でも 無理 に 妻 に 合わせ て 同じ 趣味 を 持つ 必要 など まったく あり ませ ん。 前述 でも お話し し まし た が、 相手 に 合わせ た 趣味 を 持っ た として も、 それ が 自分 に 合っ て いる か どう かは わかり ませ ん。 それぞれ が 自分 の 世界 を 持ち つつ、 相手 を 尊重 し ながら 好き な こと を やっ て いけ ば いい の です。 一番 大切 なのは、 相手 を、 そして 相手 の 世界 を 尊重 する こと です。

大江英樹. 定年前 50歳から始める「定活」 (朝日新書) (Kindle の位置No.313-319). 朝日新聞出版. Kindle 版.

定年後奥さんと共通の趣味を持つのは間違いで、適度な距離感を保つのが良いのですね。

確かにおっしゃる通りで、奥さんとしても四六時中ずっと一緒に居られるのもうざったいんでしょうね。

アクティブシニアとして定年後の充実した生活を送るためにも趣味を持つことは良いことだと思うのだけど…

イメージ画像

何よりもシニア予備軍の方々は、これから迎える定年後を充実して送るためにも、何らかの趣味を持つことは良いことではないでしょうか。

特にシニア予備軍の方々はまだまだ若くて元気ですから、今のうちでないとできないアクティブな趣味を始めることは良いことなんだ、と言ってご家族に理解を求めたらいかがでしょうか。

なんとか家族の了解も得られ、いよいよソロキャンプ出発。でもキャンプ場でひとりで何をやって過ごす?

  • あなたはソロキャンプをどうやって過ごしますか
  • 自分は釣りが趣味なので釣りができる湖の近くのキャンプ場で釣りとソロキャンプを楽しんでいます
  • 楽しみ方は人ひとそれぞれです。それでは、はじめてのソロキャンプを楽しんで来てください
あなたはソロキャンプをどうやって過ごしますか

めでたく家族の了解も得られていよいよソロキャンプに出発ですね。

ところであなたはキャンプ場で何をやって過ごしますか?

近くをトレッキング、テントサイトでのんびり昼寝、凝った料理を作る、焚き火をしながらお酒を飲む、などなど10人ソロキャンパーがいれば10通りの過ごし方があると思います。

もっとも特に何もやらずにのんびりするというのもソロキャンプならではの魅力ですけどね。

自分は釣りが趣味なので釣りができる湖の近くのキャンプ場で釣りとソロキャンプを楽しんでいます

私の場合は釣りが趣味なので、近くで釣りができるキャンプ場を選んでいます。

なので昼間は思う存分暗くなるまで釣りをして、夜はテントサイトで焚火をしてひとりの時間を楽しんでいます。

楽しみ方はひとそれぞれです。それでは、はじめてのソロキャンプを楽しんで来てください

楽しみ方はひとそれぞれだと思います。

自分なりのスタイルではじめてのソロキャンプを楽しんできてください。

www.activenaturelife.com

www.activenaturelife.com

www.activenaturelife.com