MENU

モンベルのダウンパンツ|キャンプ場での寒さ対策に購入、暖かくて癖になりそう

モリゾーです。定年を数年後にひかえたシニア予備軍です。

子供のころからアウトドアが好きで、日ごろから釣り、キャンプ、登山、マラソンなどを趣味として楽しんでいます。

そんな私のこだわりのキャンプ道具類を紹介する「こだわりキャンプ道具ファイル」の第11回目です。

今回はキャンプ場での朝晩の寒さ対策として購入したモンベルのダウンパンツを紹介します。

この記事が、皆さんキャンプライフの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

目次

キャンプ場での寒さ対策はどうしていますか?

最近のキャンプブームによって冬でもキャンプをする人が増えているそうです。

基本的に自分のキャンプスタイルとしては、寒い冬場はキャンプはやらない方針でいます。

というか寒がりなのと冬キャンプ用の道具や装備がないのでやったら凍死してしまいそうです。

とは言え、標高の高い場所では、11月ともなると朝晩の寒さが結構厳しくなります。

今回、真冬ではないけど結構寒さが厳しくなる11月のキャンプの寒さ対策として、モンベルのダウンパンツを購入しました。


スポンサーリンク

モンベルのダウンパンツは数種類ある

値段も手ごろで品質にも定評のあるモンベルのダウン製品。

調べてみると、モンベルにはダウンパンツと名が付く商品が数種類あります。

そのうち3種類のスペックを比較してみました。

モンベル製ダウンパンツのスペック比較

こうやって比較してみると、③ベンティスカダウンパンツはキャンプというよりも雪山登山向きという感じがします。

①スペリオダウンパンツと②ライトアルパインダウンパンツを比較してみると、違いは表地の生地と膝と尻の補強の有り無しです。

その分②ライトアルパインダウンパンツの方が重量と収納サイズともに、①スペリオダウンパンツを上回っています。

①スペリオダウンパンツの方がウルトラライトという感じでしょうか。

実際に近くのモンベルショップに行って両方を触り比べてみたところ、②ライトアルパインダウンパンツの方が明らかに厚さを感じました。

スペリオダウンパンツを選択しました

実際にモンベルショップで確認した結果、真冬のテント泊というわけではないので薄い方の①スペリオダウンパンツを選択しました。

スペリオダウンパンツの表面
スペリオダウンパンツのお尻側です
全体です
両サイドの腰のポケットはジッパー付きです
フロントのジッパーもしっかり付いています
スタッフバッグ付きです。大きさは…比較するものがないのでわかりづらいですね
この写真は、普通のズボンの上からスペリオダウンパンツを穿いています
横から見るとこんな感じです
私は身長170cmでMを購入しました。サイズはぴったりです
モンベルのEXダウンは、3年間の保証が付いています

スポンサーリンク

まとめ

  • キャンプ場での寒さ対策としてダウンパンツがおすすめです
  • モンベルのダウンパンツの中では、スペリオダウンパンツがおすすめです
  • 寒くなったらズボンの上から穿けばいいだけなので、穿くのも手間がかかりません

以上でモンベルのダウンパンツの紹介は終わりですが、皆さんの役に立ったでしょうか?

是非皆さんもモンベルのダウンパンツを穿いて寒い時期のキャンプにチャレンジしてみてください。


スポンサーリンク

目次
閉じる