MENU

管理釣り場でのルアーフィッシングに挑戦– category –

Area Lure Fishing
/ 管理釣り場でのルアーフィッシングに挑戦

ルアーフィッシングを始めたいという思い

この記事を読んでくださっている皆さんの中には、

  • 趣味といえるものが何もない。ルアーフィッシングが面白そうなので趣味のひとつとして始めてみたい
  • 子供とキャンプでえさ釣りをした。今度は子供にルアーフィッシングを教えてやりたい
  • 子供の頃に読んだ釣りの入門書に載っていたルアーフィッシングが魅力的で憧れだった。大人になって道具も買えるようになったので憧れていた釣りをやってみたい

と、ルアーフィッシングを始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

なかなか第1歩を踏み出せない状況

しかし、ルアーフィッシングを始めたい思いはあるけれど、

  • ルアーフィッシングには興味があるけど始めるきっかけがなくて
  • 何から始めたらいいかわからない

と、モヤモヤしていることが多く、なかなかルアーフィッシングの第1歩を踏み出せない方も多いかと思います。

ルアーフィッシングの
第1歩を踏み出すための4つのポイント

ルアーフィッシングを始めるなら管理釣り場がお手軽でおすすめです。

ここでは、これからルアーフィッシングを始めたいと考えている方々に、

  1. 管理釣り場でのルアーフィッシングの魅力
  2. 管理釣り場でのルアーフィッシングに必要な装備
  3. 管理釣り場でのルアーフィッシングにおすすめのフィールド
  4. 初めて管理釣り場を訪問する前のモヤモヤを解消

の4つのポイントを私の経験をもとにして解説していきます。

さあ、今すぐ管理釣り場での
ルアーフィッシングをスタートアップしよう

このブログが、みなさんの管理釣り場でのルアーフィッシングのスタートアップ支援になれば幸いです。

New Posts List
/ 新着記事一覧

スポンサーリンク




目次

Point #01

Point#01:About Activity
/ 管理釣り場でのルアーフィッシングの魅力

ルアーフィッシングは戦略性や
ゲーム性がおもしろい

ルアーフィッシングに興味の無い人は、

そもそもなんであえて金属の板で釣るの?
えさで釣ればもっと簡単に釣れるんじゃないの?

と思っていることでしょう。

いやいや、そこにルアーフィッシングのおもしろさがあるんです。

ルアーの一種であるスプーンはまさしく金属の板ですが、金属の板といっても、色、形、重さ、さまざまな種類があります。

次回の釣行に向けて、

  • 過去に釣れた自分の経験
  • ネットや雑誌などから収集した情報
  • 季節、当日の天気、温度などの気象条件
  • 釣り場の地形と水の多さ、少なさ、濁りなどの予想

これらの情報を分析して釣果をあげるための戦略を立て、何百、何千種類のルアーの中からこれぞというルアーを調達します。

そして当日現地の状況から最適なルアーを選択して、魚に挑みます。

それでも釣れなければ、何がダメなのかを分析して違うルアーに変えて何度も挑戦する。

ルアーフィッシングは、そういった戦略性やゲーム性がおもしろいんです。

魚が掛かってから釣りあげるまでの攻防と
釣りあげた後の達成感が半端ない

魚との攻防ってちょっと大げさじゃない?

と思われる方もいるでしょう。

いやいや、釣りとはまさしく人と魚との手に汗握るバトルなんです。

臨場感あふれた感じで表現するとこんな感じです。


パシ!!

魚がルアーに食いついた瞬間、いきなりロッドに…

ガツン!!

…という手ごたえ。この感触がたまらない。

やった!!ヒット~!!

一気にアドレナリンが放出され、興奮状態がマックスに。

あわてた魚は、一気に逆方向に走る!

グイ、グイ

ロッドがしなり、ドラグが鳴る。

グン、グン、グィーン。ジーーーッ!

魚は、釣られてたまるかとばかりに、水面でジャンプして体を反転させてくる。

バシャ、ザブーン。

結構型がいいぞ、逃してたまるか!

しばらく魚との攻防が続き、力尽きたのかおとなしくなった。

・・・・・

いいぞ、もう少しだ。

慎重にリールを巻き続ける。

見えてきたぞ!結構デカイ!

魚もこちらの姿が見えたのか、いきなり反転

バシャ!

やばい!

一瞬緊張がはしる。

ここまできて逃すか!

いよいよ観念したのか再びおとなしくなった。

・・・・・

よーし、もう少しだ。

慎重にランディングネットで取り込み、ついに釣りあげた。

よし!よし!よーし!!ゲット!!!


いかがでしょうか、少しは臨場感が伝わったでしょうか。

自分の戦略に従って選択したルアーでイメージ通りに魚が掛かったとき、

そして魚との攻防(ファイト)の末に釣りあげたとき、なんとも言葉にできない達成感を味わえます。

この瞬間が本当に気持ちいいんです。

そう簡単に思い通りに釣れないのが逆におもしろい

管理釣り場は大量の魚を放流しているわけですから、そこには確実に魚がいます。

なので、管理釣り場であれば、ルアーフィッシングが初めての方でも釣果が期待でき、魚が釣れた喜びを味わうことができます。

けっこう簡単に釣れそうじゃん。

と思われた方、いやいや、そんなにいつも上手くいことは限らないです。

というか、魚がそこにいるのになぜか釣れない時の方が多いです。

だからこそ、釣ってやろうと創意工夫するんです。

それがおもしろいんです。

いつも簡単に釣れたらすぐに飽きちゃいますよね。

釣りのおもしろさは、苦労して魚を釣り上げた時の達成感だと言えます。

達成感を得るためには、それなりの難しさが必要なんです。


スポンサーリンク




Point #02

Point#02:Fishing Tackle & Gear
管理釣り場でのルアーフィッシングで必要な道具

管理釣り場でのルアーフィッシングで
必要なタックルと装備を紹介

ここからは、タックルとウェアなどの装備に分けて私が所有しているものをベースに解説していきます。


タックル紹介

※アイテムをクリックすると詳細な情報が表示されます

Fishing Tackle & Gear
/ おすすめ釣り道具


スポンサーリンク




Point #03

Point#03:Recommend Fields
/ 管理釣り場でのルアーフィッシングにおすすめのフィールド

人工の池に魚を放流している
ポンドタイプの管理釣り場


赤久縄(あかぐな)

群馬県藤岡市上日野2-27
http://www10.plala.or.jp/akaguna/index.html

ポンドと渓流を両方楽しめるフィールド

赤久縄と書いて「あかぐな」と読みます。

赤久縄は、群馬県の南西部の山間部に位置していて、上信越自動車道の富岡ICからは18.5kmほどの距離があります。

群馬の山の中に位置する自然の渓流を活かした管理釣り場です。

赤久縄の場内は、ルアー・フライエリア、渓流釣りエリア、釣り堀の3エリアに分かれていて、料金体系もそれぞれ異なります。

特にルアー・フライエリアでは、渓流釣り(ルアー・フライ)、ポンド(止水)での釣り、ダム湖での大物釣りを楽しむことができます。

釣り人のニーズに合わせてエリアを選択できるのが嬉しいです。

午前中はルアー・フライエリアの自然渓流で釣りを楽しんで、午後はポンドやダム湖で数釣りや大物釣りを楽しむなんてことも可能です。

赤久縄は釣りだけでなく、食事処で食べられる川魚料理や手打ちそば・うどんが美味しいと評判のようです。

場所は、遠いですがおすすめの管理釣り場です。


八千穂レイク

長野県南佐久郡佐久穂町大字八郡2049-150
https://yachiho-kogen.jp/article/reiku/

大型トラウトとのファイトを楽しみたい方におすすめ

八千穂レイクは、長野県の東部に位置する佐久穂町の西に広がる八千穂高原にある管理釣り場です。

標高1,500mの高原に位置していて、付近一帯には日本一の白樺群生地と言われる美しい白樺の森が広がっています。

また、西側には、北八ヶ岳の山々そびえており、八千穂レイクから北八ヶ岳の美しい山並みを一望することができます。

その景色はとても美しくまるで北欧の湖に来ているかのような風景です。

八千穂レイクは、周囲が820mで貯水面積が4haの広大な人造湖です。

都市近郊の管理釣り場に比べると、その広さは比較にならず、まるで自然の湖で釣りをしているかのようです。

そしてもう一つの魅力が、放流されている魚のサイズが皆大きいというところです。

八千穂レイクで釣れる魚のサイズは、皆40cm〜60cmクラスであり、大型トラウトの引きの強さを味わうために八千穂レイクに通う釣り人もいるくらいです。

大型トラウトとのファイトを楽しみたい人にはおすすめの管理釣り場です。

自然の渓流を区画して魚を放流している
渓流タイプの管理釣り場


奥多摩フィッシングセンター

東京都青梅市御岳2丁目333
http://www.okutama-fc.co.jp/okutama_fc_esa.html#

多摩川本流の豪快な流れ、
初心者から上級者まで誰もが楽しめるフィールド

奥多摩フィッシングセンターは、東京都西部の奥多摩地方(正確には青梅市御岳)にある管理釣り場です。

場内には、一般エサ釣りエリア、団体・ファミリーエリア、釣り堀エリア、ルアー・フライエリアの4つのエリアがあります。

ファミリーやグループでエサ釣りを楽しんだり、本格的にルアー・フライフィッシングを楽しんだり、初心者から上級者まで、誰もが釣りを楽しめるフィールドになっています。

特にルアー・フライフィッシングのエリアは、山間部でよく見かける小渓流を利用した管理釣り場とは違い、多摩川の本流を釣り場としているため、川幅も広く本格的にルアーとフライを楽しむことができます。

9時半過ぎになると、スタッフさんが各区画にバケツ1杯のニジマスを放流してくれます。

時期によっては、大型サイズのモンスタートラウトを放流してくれたりします。

また、奥多摩フィッシングセンターの数キロ上流には白丸調整池ダムがあり、10時過ぎから放水が始まります。

放水が始まると川の流れが強くなり、水深も深くなるので軽いルアーだと水流に負けてしまい魚のいる川底にルアーを流すのにテクニックが必要になるなど、渓流タイプの管理釣り場には、ポンドタイプの管理釣り場とは違う難しさと面白さがあります。


スポンサーリンク




Point #04

Point#04:Area Fishing Q & A
/ 計画実行前のモヤモヤを解消

初めて管理釣り場を訪問する前のモヤモヤを解消

道具の準備も終わり、行く場所も決定して、あとは実行に移すだけですね。

でも、管理釣り場でのルアーフィッシングは初めてなので実際に行くとなると分からないことが多くて少し不安です。

そんなモヤモヤした状態を解消するために、ささやかながら私からのアドバイスです。

参考にしていただけたら幸いです。

※アイテムをクリックすると詳細な情報が表示されます


スポンサーリンク




Posts List
/ 管理釣り場でのルアーフィッシング記事一覧

1