MENU

ウェーディングシューズ|ボロボロになってきたので買い替えを検討、選んだのはコレ

モリゾーです。定年を数年後にひかえたシニア予備軍です。

ファミリーキャンプを卒業し、今はソロで気ままに釣り、キャンプ、登山などを楽しんでいます。

渓流釣りや湖の釣りで5年間履いていたウェーディングシューズがボロボロになってきたので新調しました。

今回は、ウェーディングシューズの新調に至る経緯、購入候補、最終的に選んだシューズについて紹介していきます。

この記事が、皆さんフィッシングライフの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

目次

今履いているのはリトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズ

今履いているのは、2016年に購入したリトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズ。

リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズ

さすがに5年も履いているといろいろなところが劣化してきます。

ソールも何度か剥がれかけましたが、そのたびにフェルトソール用のボンドで応急処置。

かかとのソールがフェルトだけではなくミッドソールもろとも剥がれかかっています
これもボンドで接着して修理
乾くまでテープでぐるぐる巻きして固定します

いろいろソールのトラブルはありますけど、ライトウエイトWDシューズの名前の通り軽くて履きやすいところは気に入っています。

それでも、さずがに劣化がはげしいので買換えを決断しました。


スポンサーリンク

リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズの再購入を検討

最有力候補は…

実際には昨年のシーズン前からウエーディングシューズの買換えを考えていましたが、購入対象の選定で悩んで決めきれずに1年間先送りしていました。

今年こそはと思い、渓流シーズン解禁前の1月くらいから検討を再開。

最有力候補として考えていたのは、今履いているリトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズ。

つまりリピート(再購入)ということです。

ソールのトラブルを経験しているのに再購入か?と思われるでしょうが、ソールの問題に関しては他社製品もそんなに変わらないだろうと思い、それほどマイナスポイントにはなっていませんでした。

むしろシューズのサイズ感が分かっているので新しいシューズ購入の時にサイズで悩まなくて済む、というところがアドバンテージになっていました。

ウェーディングシューズをネットで購入するときのサイズ問題

多分皆さんもそうでしょうけど、ウェーディングシューズをネットで購入するときはサイズ指定に悩みますよね。

実は今履いているライトウエイトWDシューズをネットで購入するときに、いつも履いている靴のサイズで注文したら小さくて履けず、ひとつ上のサイズに交換したという経験をしています。

その経験がトラウマになっていて、次回買い替えるときは面倒な交換をしたくないという思いを強く持っていました。

そのため今履いているシューズはサイズ感が分かっている分アドバンテージが高いというわけです。

ちなみに、私の足のサイズは25.5cmですが、リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズのUS8 (25-26cm)ではきつくて履けませんでした。

US9 (26-27cm)でちょうど良いという感じです。

商品選定は振り出しに…

早速ライトウエイトWDシューズをネットで検索してみると、なんとライトウエイトWDシューズIIという新製品がでているではないですか。

新しくバージョンアップしたのかなと思ってよく見ると、「WWW Width」つまり幅広の仕様だということが分かりました。

普通の靴でもそうですが、靴の幅が変わるとサイズ感が結構違ってきます。

今履いているライトウエイトWDシューズを調べてみると、売り切れ状態で当面入荷しそうもない感じです。

う~ん、予想外の展開。

これでライトウエイトWDシューズのアドバンテージがなくなってしまって、シューズの選定は振り出しに戻ってしまいました。

どこのメーカーのシューズが良いのか?売れ筋をチェック

さあどうしたものかということで、もう一度市販のウェーディングシューズを調べることに。

候補として挙げたのがこちらです。

リバレイ(Rivalley) RV ウェーディングシューズ II

ソールフェルト
本体素材ポリエステル
ソール部EVA、フェルト
サイズS(24.5cm)、M(25.5cm)、L(26.5cm)、LL(27.5cm)、3L(28.5cm)
ソールフェルトスパイク
本体素材ポリエステル
ソール部EVA、フェルト、ステンレスピン
サイズS(24.5cm)、M(25.5cm)、L(26.5cm)、LL(27.5cm)、3L(28.5cm)

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ライトウエイトWDシューズ

ソールフェルト
カラーグラネット(GR)
本体素材ポリエステル、人工皮革、ラバー
ソール部ポリプロプレン
サイズUS6 (23-24cm)、US7 (24-25cm)、US8 (25-26cm)、US9 (26-27cm)、US10 (27-28cm)、US11 (28-29cm)、US12 (29-30cm)

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ライトウエイト WDシューズ II

ソールフェルト
カラーオリーブグレイ(OG)、ブラック(BK)
本体素材ポリエステル、人工皮革
ソール部ポリプロプレン
サイズUS6 (23-24cm)、US7 (24-25cm)、US8 (25-26cm)、US9 (26-27cm)、US10 (27-28cm)、US11 (28-29cm)、US12 (29-30cm)

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ミッドストリームWDシューズ II ピンフェルトソール

ソールフェルトスパイク
カラーグレイ(GRY)
本体素材ポリエステル、人工皮革
ソール部ポリプロプレン、アルミ合金
サイズUS6 (23-24cm)、US7 (24-25cm)、US8 (25-26cm)、US9 (26-27cm)、US10 (27-28cm)、US11 (28-29cm)、US12 (29-30cm)

パズデザイン(Pazdesign) ライトウェイトウェーディングシューズⅥ

ソールフェルト
カラーオリーブ
本体素材ポリエステル100%/レザー/合成皮革/TPU
ソール部PPフェルト
サイズXS(24cm)、S(25cm)、M(26cm)、L(27cm)、XL(28cm)、3L(29cm)
ソールフェルトスパイク
カラーオリーブ
本体素材ポリエステル100%/レザー/合成皮革/TPU
ソール部PPフェルトスパイク
サイズXS(24cm)、S(25cm)、M(26cm)、L(27cm)、XL(28cm)、3L(29cm)

シマノ(SHIMANO) XEFO カットフェルト・ウェーディングシューズVU

ソールフェルト
本体素材人工皮革、メッシュ、ラバー
ソール部フェルト(PP繊維)
サイズ25.0cm、25.5cm、26.0cm、26.5cm、27.0cm、27.5cm、28.0cm、29.0cm

ダイワ(DAIWA) ウェーディングシューズ

ソールフェルト
カラーブラウン
サイズ25.0cm、26.0cm、27.0cm、28.0cm、29.0cm
ソールフェルトスパイク
カラーブラウン
サイズ25.0cm、26.0cm、27.0cm、28.0cm、29.0cm

キャラバン(CARAVAN) 渓流KR_3XF

ソールフェルト
カラーブルー/レッド
本体素材合成皮革+メッシュポリエステル(ラバー補強)
ソール部13mmPPフェルトソール
サイズ22.5〜28.0・29.0cm

フォックスファイヤー(Foxfire) クイックジップ6ウェーディングシューズ

ソールフェルトスパイク
カラーグレー
本体素材1200Dポリエステル/SVRスポンジ/EVA/PVC合皮/ポリプロピレン
ソール部
サイズ24cm、25cm、26cm、27cm、28cm

モンベル(mont-bell) ウエイディング シューズ

ソールアクアグリッパー
カラータン(TN)
本体素材ポリエステルメッシュ 合成皮革、ゴム
ソール部アクアグリッパー
サイズ23.0cm、24.0cm、25.0cm、26.0cm、27.0cm、28.0cm、29.0cm

スポンサーリンク

購入したのはパズデザイン ライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ

パズデザインのウェーディングシューズに決めた理由

候補として挙げたようにいろいろなメーカーからウェーディングシューズが出ています。

ですが、いづれも甲乙つけがたく最終的に好みの問題といった感じに…。

個人的にお気に入りのブランドとしては、タックル系はシマノ、グッズ系はパズデザインなので、パズデザインの新製品「ライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ」が有力候補として急浮上。

対抗馬は、モンベルのウエイディング シューズ。

モンベルも好きなブランドであり、しかもアクアグリッパーというソールの素材が興味を掻き立てます。

ただ決め手がなくズルズルと決めきれないまま月日が経過して気が付いたら渓流釣り解禁に…。

渓流釣り解禁とともにオンラインショップの在庫が一気にゼロに

このままさらに1年先送りはさすがに厳しいかなと思い、改めてアマゾンでパズデザインのライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵを検索してみると、Lサイズが既に売り切れで、Mサイズは辛うじて1個残っている状態。

これはまずいと思い、辛うじて残っていたMサイズを衝動的に注文してしまいました。

サイズ問題のトラウマが再び

注文するときからMサイズで大丈夫かなという不安があったのですが、半ば神に祈るような気持ちでポチリました。

配達されたシューズを履いてみたところ、やはりアウト。

またやってしまいました。

止む無く商品を返品しましたが、1サイズ大きなものに交換するにしてもLサイズは既に売り切れ、どうすることもできないです。

他メーカーにするという選択肢もありますが、一度買おうと心に決めて手に入れることができなかったものは、なかなか気持ちを変えられないものです。

次の入荷は6月になるとのことなので仕方なくそれまで待つことに…。

ちなみに、先ほども説明しましたが私の足のサイズは25.5cmです。

一方、ライトウェイト ウェーディングシューズ ⅥのMは26cmに相当するようです。

奇跡の在庫復活

その後も未練がましくオンラインショップで検索してみたりしても、在庫ゼロは変わらず。

ところが1週間くらいして、たまたま仕事帰りの電車の中でライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵを検索してみると、なんと在庫が復活しているではないですか。

これを逃したら数カ月先まで待たなきゃいけないと思い、その場で決済してしまいました。

こんな感じで何とか入手できたパズデザインライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ。

今回はフェルトソールではなくフェルトスパイクのソールにしてみました。

フェルトスパイクを選択したのは、一度フェルトスパイクも試してみたいという大した理由ではないです。

パズデザイン ライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ(SP)

パズデザインライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ(SP)を履いてみた感想

まるで安全靴のようにつま先をガード、内部はゆったり

つま先の部分の見た目がほんとタイヤのようです

つま先の部分がまるでタイヤのような分厚い硬めの素材で守られているため、岩にぶつけたり挟んだりしても安心という感じで、まるで安全靴のようです。

しかもつま先の部分の内部に空間があるため、圧迫感がなくてとても履きやすいシューズだと感じました。

シューズの着脱にストレスが溜まらない

ウェーダーを穿いた状態では足がひと回り大きくなっているので、シューズの履き口(足首の部分)の開き具合が十分でないと足を入れにくく履くときに非常にストレスが溜まります。

逆に脱ぐときはなかなか脱げずにストレスが溜まります。

ライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵは、上から2つ目までの紐通しがフックになっているので、足の甲ぐらいまで履き口を大きく開くことができます。

そのためシューズの履くとき脱ぐときにまったくストレスを感じませんでした。


スポンサーリンク

パズデザインライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵ マイフォトギャラリー

今回はフェルトスパイクのソールを選択
横から見ると分かりますが、スパイクの先端が数ミリ突き出しています
ただし1回履いてしまうと突起はつぶれて平らになります
河原ではこんな感じです
履いた感じが安定していて歩きやすく感じました
水の中ではこんな感じです
水に濡れるとこのような色になります

以上で今シーズン新調したパズデザインライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵの紹介は終わりですが、皆さんの役に立ったでしょうか?

是非皆さんもパズデザインライトウェイト ウェーディングシューズ Ⅵを導入して快適なフィッシングにチャレンジしてみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。


スポンサーリンク

目次
閉じる