MENU

渓流ベイトフィネスに挑戦– category –

Mt.Stream Bait Finesse
/ 渓流ベイトフィネスに挑戦

最近話題になっている渓流ベイトフィネスをやってみたい

この記事を読んでくださっている皆さんの中には、

  • 渓流のルアーフィッシングならいつもやっているけど、最近よく聞くベイトフィネスがどうなのか興味がある
  • 渓流のルアーフィッシングは経験がないけどチャレンジしてみたいと思っている。でもどうせならベイトフィネスをやってみたい

と、渓流ベイトフィネスを始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

なかなか第1歩を踏み出せない状況

しかし、渓流ベイトフィネスを始めたい思いはあるけれど、

  • 渓流ベイトフィネスの道具は持っていない、何を用意すればいいの?
  • 渓流ベイトフィネスを始めるならどこの渓流がおすすめ?

と、モヤモヤしていることが多く、なかなか渓流ベイトフィネスの第1歩を踏み出せない方も多いかと思います。

渓流ベイトフィネスの
第1歩を踏み出すための3つのポイント

そんな渓流ベイトフィネスを始めたいという方々に、

  1. 渓流ベイトフィネスの魅力
  2. 渓流ベイトフィネスで必要な道具
  3. 渓流ベイトフィネスにおすすめのフィールド

の3つのポイントを私の経験をもとにして解説していきます。

さあ、今すぐ渓流ベイトフィネスを
スタートアップしよう‼

このブログが、みなさんの渓流ベイトフィネス
スタートアップ支援になれば幸いです。

New Posts List
/ 新着記事一覧

スポンサーリンク




目次

Point #01

Point#01:About Activity
/ 渓流ベイトフィネスの魅力

渓流の瀬音に全身を包まれ自然と一体化する

山深い渓谷で渓流の瀬音に全身を包まれ、ただひたすら魚が居そうなポイントだけに集中。

集中により全身の感覚は研ぎ澄まされ、まるで自分がまわりの自然と一体化したような錯覚すら覚える。

狙う魚は、ヤマメ、イワナ。

流線型の体形、鮮やかなパーマークや斑紋、その美しい魚体は渓流釣り師ならずとも人々を魅了してやまない。

渓魚たちは皆繊細でナイーブであり、釣り人はあの手この手で誘い出そうとするが、なかなか思惑通りにはその姿を見せてくれない。

だからこそ、釣るための創意工夫、すぐれた道具の選択が必要であり、それを極めたのが渓流ベイトフィネスという釣り方。

渓流ルアーフィッシングを何倍も楽しくしてくれる釣り方

渓流ベイトフィネスは道具の進化とともに生まれた釣り方であり、ロッドとリール両方の進化によって可能になった釣り。

軽量なルアーを扱うために、リールはより緻密で精密に進化しており、釣り人の所有欲を刺激する道具である。

従来のスピニングリールと違い、ベイトリールではベールを起こす動作が不要なため、ラインを巻き上げてから次のキャストまでをスピーディーに行えるので手返しの良い釣りが期待できる。

さらにキャストもコントロールしやすくなるため、ポイントを的確にキャストしながら釣り上がって行く、テンポの良い釣りが楽しめる。

渓流ベイトフィネスは、渓流ルアーフィッシングを何倍も楽しくしてくれる釣り方。


スポンサーリンク




Point #02

Point#02:Fishing Tackle & Gear
/ 渓流ベイトフィネスで必要な道具

渓流ベイトフィネスで必要なタックルと装備を紹介

ここからは、タックルとウェアなどの装備に分けて私が所有しているものをベースに解説していきます。


タックル紹介

※アイテムをクリックすると詳細な情報が表示されます


ウエアー・装備紹介

※アイテムをクリックすると詳細な情報が表示されます

Fishing Tackle & Gear
/ おすすめ釣り道具


スポンサーリンク




Point #03

Point#03:Recommend Fields
/ 渓流ベイトフィネスにおすすめのフィールド


小菅川C&R区間

山梨県北都留郡小菅村
http://kosugeriver.com/

渓流ベイトフィネスを始めるのにちょうどいいフィールド

小菅川は、山梨県の大菩薩峠の東側斜面を水源として、小菅村の中心部を通り奥多摩湖に流れ込んでいる渓流です。

東京からのアクセスは良く、奥多摩駅から車で30分程度で行ける場所にあります。

小菅川の渓相は、最下流の奥多摩湖のバックウォーターから小菅村の集落あたりまでは、C&R区間あり、キャンプ場あり、大岩がゴロゴロしている渓谷ありで、バラエティに富んだ渓相となっています。

下流部は、C&R区間もあるということから渓流釣りの初心者でも入りやすいフィールドとなっています。

中流域は、小菅村の集落の間を流れているため里川の渓相となっています。

また、小菅村では、ヤマメの養殖にも力を入れていて、小菅川を利用した村営の管理釣り場もあります。

上流域は、急峻な山肌の間を流れる渓谷となっていて、渓流釣りの上級者には人気のフィールドとなっています。


奥日光湯川

栃木県日光市湯元
http://www.naisuimen.or.jp/nikko/

奥日光戦場ヶ原の大自然の中を流れるゆったりとした流れ

湯川は、栃木県の奥日光の戦場ヶ原を流れる清流です。

魅力は、何といってもその素晴らしいロケーション。

湯川の流れる奥日光戦場ヶ原は、日光国立公園の中に位置していて西側にある小田代原とともに奥日光の湿原地帯として、大勢の観光客が訪れる日本屈指の観光地です。

釣りが可能な釣魚区域は、湯ノ湖の流れ出しである湯滝の下から、下流は竜頭の滝の300mくらい上流地点までの区間となります。

釣魚区域は湯滝から竜頭の滝の上流300m地点までの約5km程度のそれほど長い距離ではありませんが、上流域、中流域、下流域で川の様子が異なります。

  • 上流域はミズナラの鬱蒼とした森の中を流れるくねくねとした流れ
  • 中流域は戦場ヶ原の湿原の中のゆったりとした流れ
  • 下流域は複雑な形状の岩盤の上を流れる変化に富んだ流れ

どのエリアを選ぶかは釣り人しだいです。

Recommend Fields
/ その他のおすすめフィールド


スポンサーリンク




Posts List
/ 渓流ベイトフィネス記事一覧

12