ActiveNatureLife

シニア予備軍世代のアウトドア系趣味のスタートアップ支援サイト

湖でのトラウトルアーフィッシングへの挑戦。必要な装備とおすすめフィールド

湖でのトラウトルアーフィッシング

モリゾーです。定年を数年後にひかえたシニア予備軍です。

子供のころからアウトドアが好きで、日ごろから釣り、キャンプ、登山、マラソンなどを趣味として楽しんでいます。

皆さんの中には、これまで管理釣り場でルアーフィッシングをやってきたけど、管理釣り場ではなんとなく物足りず、もっと大自然の中で天然のトラウトを相手にルアーフィッシングをしてみたいと思われている方がいらっしゃるかと思います。

この記事では、天然のトラウトを求めて湖でのトラウトルアーフィッシングへ挑戦したいと考えている方に、

  • 湖でのトラウトルアーフィッシングの魅力について
  • 湖でのトラウトルアーフィッシングで必要なタックルと装備について
  • 湖でのトラウトルアーフィッシングにおすすめのフィールドについて

を伝えていきたいと思います。

この記事が、皆さんフィッシングライフの参考になれば幸いです。

 

湖でのトラウトルアーフィッシングの魅力

日々の雑念を捨て去り、大自然のフィールドの中で1匹のトラウトを求めてただひたすら釣りだけに熱中できる幸福感がたまらない

トラウトが狙える湖はある程度標高の高い場所にあり、春から秋にかけて我々に素晴らしい大自然の景色を見せてくれます。

そのような大自然の中で1匹のトラウトを求めてただひたすら釣りに熱中している間、釣り人は日々の雑念から解放された状態になります。

ある意味釣り人にとっての至福のひとときであり、この上のない幸福感をもたらしてくれます。

春、大自然のフィールドでただひたすら釣りに熱中する釣り人

盛夏、蝉時雨も耳に入らぬほど集中する釣り人

夏の夕暮れ、イブニングライズに集中する釣り人

秋、燃え盛る紅葉の中、夢中でキャストを繰り返す釣り人

広大なフィールドで思いっきりルアーをキャストすることで得られる爽快感がたまらない

管理釣り場に比べると自然の湖は比較にならないほどの広大なフィールドです。

このような広大なフィールドでルアーを力一杯キャストすることが、ストレスの発散つながり、爽快感をもたらしてくれます。

目の前にそびえる雄大な山をめがけてフルキャスト

波一つない穏やか水面めがけて力一杯のキャスティング

真っ赤に染まる紅葉を写している湖面めがけてフルキャスト

必死にフックを外そうと暴れるトラウトとの攻防のドキドキ感がたまらない

湖は天然の大型トラウトが狙えるフィールドです。

大型トラウトがかかった時の引きの強さは何とも言えない興奮する手ごたえです。

相手も釣られてたまるかとばかりに、水面からジャンプして必死にフックを外そうと抵抗してきます。

こちらはバラしてたまるものかとロッドアクションに集中します。

このトラウトとの攻防のドキドキ感がたまらないものがあります。

ロッドアクションに集中

釣行前のタックルの準備でのワクワク感がたまらない

天然のトラウトは管理釣り場の放流したてのトラウトとは違い、そう簡単に釣れるものではありません。

そのため、事前にいろいろな情報を入手し、綿密な作戦を立て、作戦を実行するために必要な道具を調達し、準備万端のうえ本番に臨みます。

やるべきことは全てやり尽くして本番に臨むワクワク感がたまりません。

綿密な作戦を立て準備万端のうえ、明日の釣行に臨む

結果、作戦通りに釣り上げたときの達成感がたまらない

その結果、こちらの作戦通りに釣り上げる事ができた時は、なんとも言えない達成感を得られます。

逆に思い通りの結果を残せなかったとしても、次回リベンジへ向けての闘志が燃え上がってきます。

ニジマス

ハコスチ

ホンマス

レイクトラウト

必要なタックル・装備

マイタックルを紹介

ロッド
メジャークラフト(Major Craft)ファインテールMAIN STREAM FTS-782M

中古釣具屋で購入したロッドです。

全長 7'8”
ライン 6-12LB
PEライン 0.6-1号
ルアー 4-15g
アクション レギュラーファースト

特に使い勝手も悪くなく、通常の湖の釣りでは満足しています。

しかし、中禅寺湖でレイクトラウト狙いのタックルとしては、適合ルアーの上限が低いかなと感じています。

メジャークラフト ファインテール MAIN STREAM FTS-782M

メジャークラフト ファインテール MAIN STREAM FTS-782M

メジャークラフト ファインテール MAIN STREAM FTS-782M

ダイワ シルバークリーク89MH

中禅寺湖でレイクトラウトを狙うタックルとして、M.T.レイクスの19gを投げられるロッドを色々と物色している過程で、中古釣具屋にたまたま売りに出されていたロッドを購入しました。

全長 8'9”
ライン 6-16LB
ルアー 7-28g

ルアーの適合範囲もファインテールに比べると上限が格段に上がっています。

たけど使い勝手としては、ちょっと硬いかなという感想です。

ダイワ シルバークリーク89MH

ダイワ シルバークリーク89MH

リール
シマノ 15 ストラディック C3000

今年シマノからストラディックの新機種が発売されましたが、そのひとつ前の機種です。

湖でも管理釣り場でもオールマイティに使えるリールとして、値段もお手頃だし、コストパフォーマンスに優れた良いリールだと気に入っています。

ギア比 5.0
自重 230g
スプール寸法 46.5/14.5
ナイロン糸巻量
(号-m)
2.5-180/3-150/4-100
フロロ糸巻量
(号-m)
2.5-160/3-130/4-100
PE糸巻量
(号-m)
1-400/1.5-270/2-180

使用していて大きな不満はないですが、ハイギアのリールを購入しようか迷っています。

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

シマノ 15 ストラディック C3000

また、湖と管理釣り場だけではもったいないので、細いラインに対応したシャロースプール2500Sを追加購入し、渓流用のスピニングリールとしても使用しています。

シャロースプール2500Sのスペック

2500S C3000
ナイロン糸巻量
(lb-m)
5-110/6-95/8-70 10-180/12-150/16-100
フロロ糸巻量
(lb-m)
4-130/5-100/6-80 10-160/12-130/16-100
PE糸巻量
(号-m)
0.6-200/0.8-150/1-110 1-400/1.5-270/2-180

シマノ 15 ストラディック シャロースプール2500S

シマノ 15 ストラディック シャロースプール2500S

現在渓流ではベイトリールを使用しているため、管理釣り場と湖専用となっています。

ライン

スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE 1号 150m
結構いい値段はしますが、それだけの価値はあると思います。

リーダー

VARIVAS TROUT ショックリーダー フロロカーボン 8lb 2号/12lb3号

ルアー
スプーン

5g以下のルアーも使いますが、ここでは8g以上のものを紹介します。

フォレスト リアライズ 8g~11g
自分の手持ちのルアーの中では、一番実績のあるルアーです
フォレスト リアライズ
中でもシルバー系がベストルアーですね。実績が格段に多いです

アングラーズシステム バックス
私の好きなルアーのひとつです

ロデオクラフト NOA 8g

スライド系スプーン

ロデオクラフト M.T.レイクス 77mm-19g/77mm-15g/67mm-16g/67mm-13g
レイクトラウトを狙うにはこれしか無いです。逆に中禅寺湖以外ではあまり出番がないですが...

シーレーベル プロビア 69mm-7g/74mm-12g

ジグミノー

スミス トラウティンサージャーSH/アングラーズリパブリック ベロッソ

メタルジグ

スミス メタルミノーEX 60mm 14.5g/工房青嶋 水魔 6cm 12g/シーランチャー12g
通常のミノーでは距離がでないので、湖ではメタルジグ系をよく使います。中でもメタルミノーEXがお気に入りです

メタルバイブ

ジャクソン カイモ 6g 45mm
メタルバイブでボトムを狙う釣りは、たまに思わぬ大物がかかる時があるので必携のルアーとなっています

その他

スミス 大美蝉 43mm 4g/トリックトラウトシケイダーIIバスチューン ブラウンアワビ 35mm 4g
水面に浮かべたルアーにトラウトが出てくる光景は本当に興奮します

その他

スナップスイベル
通常のルアーやメタルジグ系では、普通のスナップで十分ですが、スライド系スプーンを使う場合はルアーが回転するので、スイベル付きのスナップを使用しています

必要な装備について

ウェーダー/シューズ

LITTLE PRESENTS W-33 SP3 チェストハイウエーダー

LITTLE PRESENTS W-33 SP3 チェストハイウエーダー

LITTLE PRESENTS SH-04 ライトウエイトWDシューズ

フィッシングベスト

パタゴニア ハイブリッド・パック・ベスト
こちらのベストは、名前の通りバックパックとフィッシングベストがいっしょになったものです。
前面はポケットがいくつもあるフィッシングベストですが...

後ろがバックパックになっていていろいろ荷物を入れることができます

ウェーディングタイツ

湖での釣りは、腰下くらいまで水に入って早朝から釣りをするケースが多いです。

しかも対象の湖が標高の高い場所にある場合が多いので、結構腰から下が冷えてしまいます。

なので私は、ラッシュガードのタイツの上にフリース素材のウェーディングタイツを履き、その上からウェーダーを履いています。

春から7月の梅雨明けくらいまでと、9月以降はこのスタイルです。

おすすめなのが、このモンベルのウェーディングタイツです。フリース素材で出来ていて、暖かいです。

モンベル ウエイディングタイツ

モンベル ウエイディングタイツ

ランディングネット

ランディングネット

ランディングネット

偏向グラス

偏向グラス OZNIS by TALEX 9BRX01

偏向グラス OZNIS by TALEX 9BRX01

帽子

帽子は必ず必要。キャップでもハットでもよし

フィッシングジャケット

釣りをしているときは、腰下くらいまで水に入っていることになるので、とくに春先と秋は想定以上に寒いです。

さらに風が吹いたりしていると、体感温度はかなり低くなります。

そのような天候では、防寒対策として中綿いりのジャケットが必要になります。

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

パズデザイン ブレスシェードトラウティストウォームジャケット

フィッシンググローブ

フィッシンググローブ 寒さを凌ぐためにもあった方が良いです

私が良くいくおすすめのフィールド

中禅寺湖

栃木県日光市にある湖です。

日光国立公園内にあり関東屈指の観光地であり、関東近隣の方は皆さんご存知ではないでしようか。

中禅寺湖にはレイクトラウトというイワナに属する大型のトラウトが生息しています。

レイクトラウトは、成長すると大きいものでは1mを超える場合もあるという大型のトラウトです。

日本でレイクトラウトが釣れるのは中禅寺湖だけであり、トラウトアングラーなら、誰でも一度は中禅寺湖でレイクトラウト狙いたいと思えるほど憧れの場所だと言えます。

そう言ったことから、中禅寺湖はレイクトラウト狙いのアングラーが集う、トラウトアングラーの聖地とも言われています。

レイクトラウトは水深の深い場所を好んで生息しており、狙うには、スライド系スプーンが有効です。

中禅寺湖の遊魚期間は、4月1日~9月中旬までであり、4月1日の解禁日は毎年大勢のトラウトアングラーで賑わいを見せています。

なお、遊漁期間は、場所や岸釣りか船釣りかによっても異なるので詳しくはこちらの中禅寺湖漁業協同組合のホームページでご確認ください。
http://www.chuzenjiko.or.jp/fishoflake1.html

マイフォトギャラリー

中禅寺湖

中禅寺湖

中禅寺湖

中禅寺湖

中禅寺湖

中禅寺湖

丸沼

丸沼は群馬県利根郡片品村にある湖です。

名前に「沼」の文字がついているため、小さなため池をイメージしてしまいますが、周囲が2km以上ある立派な湖です。

しかし今の広さになったのは、昭和5年にダムから作られてからで、それ以前はもっと小さな自然湖だったそうです。

そう言った意味で、以前は「沼」の呼称にふさわしい広さだったのかもしれません。

丸沼は、定期的に魚が放流されており、トラウトアングラーにとても人気があるフィールドでです。

遊魚期間が、4月末から11月末までと長く、私自身にとっては9月末の渓流釣りの禁漁以降が本格的な訪問時期となります。

岸釣りと船釣りが可能ですが、丸沼のダムに近い奥半分は岸釣りが禁止となっています。

また、岸釣りは可能なエリア内であっても、急峻な崖に面していたり、木々に囲まれいたりで、岸釣りができるエリアがかなり限定されています。

さらに岸釣りで釣果をあげるには、ポイントの選択が重要であり、釣果に大きく影響してきます。

具体的には、丸沼の北側(ダムと反対側)にある環湖荘側の川の流れ込み(インレット)に沿ってできた湖底の溝(スリット)と、船が出入りするみお筋、温泉の流れ込みに沿ってできた湖底の溝(スリット)が絶好のポイントとなります。

環湖荘側の岸は遠浅で緩やかに深くなっていますが、湖底にできた溝(スリット)に沿ってトラウトが岸近くまで入ってくるため、スリットを狙える釣り座を確保できれば間違いなく釣果が期待できます。

それ故にこのポイントの人気は高く、必ずと言って良いほど、釣り人が付いています。

丸沼で釣りをするには、まずは環湖荘で釣り券を買い求める必要があります。

釣り券の価格や釣りをする上での注意やルールはこちらのページでご確認ください。
https://kankoso2.naturum.ne.jp/

丸沼の詳しい紹介はこちらの記事をご覧ください。(2019年12月7日追記) www.activenaturelife.com

マイフォトギャラリー

丸沼

丸沼

丸沼

丸沼

丸沼

丸沼

丸沼

野反湖

野反湖は群馬県と長野県の県境付近の山岳地帯にあるダム湖です。

野反湖は上信越高原国立公園の特別地域に指定されており、水面標高1,514m、最大水深25m、周囲12kmのダム湖で、ダム湖百選にも選出されている美しい湖です。

野反湖には、水の青さに同化して背中がブルーに変化したブルーバックレインボーと呼ばれるトラウトが生息しています。

このブルーバックレインボー目当てで訪れる釣り人も多いですが、最近ではハコスチが放流され、引きの強い大物狙いで訪れる釣り人も多いようです。

このハコスチは群馬県で開発されたスチールヘッド系ニジマスです。

名前の由来は、箱島(ハコシマ)系ニジマスとスチールヘッドに由来するそうです。

ハコスチについてはこちらの群馬県のサイトをご覧ください。
https://www.pref.gunma.jp/06/f22g_00111.html

このハコスチとても引きが強くファイトが楽しめます。

実際に私もルアーでハコスチを釣りましたが、ハコスチはルアーを咥えるとともに大きく水面上にジャンプして、針を外そうとしてきます。

野反湖にハコスチが放流される前は、標準サイズのニジマスしか釣れなかったので何となく物足りなさがありましたが、ハコスチが放流されてからはハコスチとのファイトが楽しめるということで、野反湖での釣りのイメージが一変してしまいました。

野反湖で釣りをするには釣り券を購入する必要があります。

釣り券は、野反湖ビジターセンター、野反峠休憩舎、野反湖展望台兼案内所に設置されている自動券売機で購入できます。

野反湖で釣りをする上での注意やルールはこちらのホームページでご確認ください。
https://nozorikocamp.com/fishng/fishing_rule/

マイフォトギャラリー

野反湖

野反湖

野反湖

野反湖

湯ノ湖

湯ノ湖は、栃木県日光市湯元の日光湯元温泉にある湖です。

湯ノ湖では定期的にトラウトが放流されているため、エサ釣り師、フライマン、ルアーマンなど大勢の釣り人が訪れます。

5月、8月、9月にはフィッシングフェスタ(釣り大会)も開催され大勢の参加者で賑わいを見せます。

湯ノ湖では岸釣りと船釣りが可能です。

湖の周りは森に囲まれていて崖になっているところも多いので、岸釣り可能なエリアは限定されてしまいます。

岸釣りの場合、レストハウス前と滝上が好ポイントになります。

湯ノ湖レストハウスの前から湯川の流れ込みあたりまでウェーダーがなくても釣りが可能です。

ただ、土日は混雑するためレストハウス前は釣り人(常連さん?)でいっぱいの可能性があります。

しかも、観光客が湖畔まで来れる場所なので、ギャラリーの目が気になるという方は避けた方が良いでしょう。

ただ、毎週土曜日と日曜日の昼の12時にレストハウス前で魚が放流されます。

放流直後の魚は、ルアーに簡単に食いついてくるので、何としても魚を釣りたいという方は、12時少し前にレストハウス前に行って釣り座を確保しておくと良いでしょう。

湯ノ湖で釣りをするには事前に釣り券を購入する必要があります。

釣り券は、湯ノ湖釣り事務所で購入できます。

湯ノ湖での釣りに関する情報は、全国内水面漁業協同組合連合会日光支所のホームページに詳しく掲載されていますので事前にご確認ください。
http://www.naisuimen.or.jp/nikko/index.html

マイフォトギャラリー

湯ノ湖

湯ノ湖

湯ノ湖

湯ノ湖

湯ノ湖

まとめ

  • 大自然の中で釣りだけに集中できる幸福感、広大なフィールドを相手にする爽快感、天然トラウトとのファイトを通してのドキドキ感、本番に臨む前のワクワク感、思い通りに釣り上げたときの達成感、どれを取っても管理釣り場以上の面白さが味わえるのでおすすめです。
  • 大自然の中で天然のトラウトを相手にするので、それに見合うタックルと装備が必要だと心得るべし。
  • おすすめフィールドは、中禅寺湖、野反湖、丸沼、湯ノ湖。おすすめと言えどそう簡単なフィールドではないのではじめはボウズの覚悟を持って臨むべし。

以上で湖でのトラウトルアーフィッシングの紹介は終わりですが、皆さんの役に立ったでしょうか?

是非皆さんも湖でのトラウトルアーフィッシングの良さを実感してみてください。